昨日の記事を書いた後に、少しだが情報を集めてみた。宮川絢子は「Forbes」に寄稿しており、2020年6月16日に「スウェーデンの新型コロナ対策は失敗だったのか。現地の医療現場から」(https://forbesjapan.com/articles/detail/35156)として配信されている。その中に重要な注記があった。

誤解を招かないように書くと、COVID-19感染以外の疾患については、パンデミックが発生していない通常時であれば、集中治療室での治療の年齢による制限はない

昨日の記事ではまるで80歳以上のすべての高齢者が集中治療を受けられないように書いたので、ここで私からも訂正しておきたい。

スウェーデンがとった方策は間違いだとする批判が主に外国から寄せられている。特に政府の感染対策の責任者である疫学者のアンデシュ・テグネルが次のようにインタビューに答えてから、メディアではスウェーデンの政策が失敗だとする記事がつぎつぎに公表された。

[6月3日]に、感染対策を率いる政府の疫学者アンデシュ・テグネル氏が「エビデンスに基づいてやってきたが、我々の取った行動には明らかに改善すべき点がある」とインタビューに答えていました。ロックダウンをした他国と、スウェーデンの真ん中のやり方があったのではないかと言っています。海外メディアではそれを取り上げて、「スウェーデンは失敗を認めた」と報道しているようですが、ロックダウンをしない方針を失敗と考えている訳ではなく、改善の余地はあったという反省の弁にとどまるものです。

宮川によれば、スウェーデンでは基本的に専門家や政治家への信頼度は非常に高く、テグネルのインタビューの前のデータだが、「死者数が4000人を超える前は公衆衛生庁に対して約8割が支持をしており、4000人を超えても7割ぐらいはありました」という。「政権与党への支持率も高まっています」とのことだ。テグネルの顔のタトゥーを入れている若者も報道されていた(https://jp.reuters.com/video/watch/idOWjpvC5EDRN8BH7H92HU1NTBI7HTMT5)。

だが、確かに批判もある。「WIRED」に2020年6月4日に掲載された「スウェーデンの新型コロナウイルス対策が「完全なる失敗」に終わったと言える理由」(https://wired.jp/2020/06/04/sweden-coronavirus-herd-immunity/)では、「ウイルス学者でスウェーデンの新型コロナウイルス対策を声高に批判してきたリーナ・アインホルン」の発言を紹介している。

アインホルンは「公衆衛生庁と政府は批判的な声から自分たちを切り離すことにしたのです」と言う。「政府は2月初めからは一貫して、リスクを軽視する方向に歩んでいます」
[中略]
「いちばん問題なのは、ひとつの意見しかないことです。それは公衆衛生庁の見解であり、特にテグネル個人のものなのです」

この記事が前日におこなわれたテグネルのインタビューをどれほど考慮しているかはわからないが、記事の最後は次のように結ばれている。

今回の取材で話を聞いた専門家たちは、いずれも公衆衛生庁が現在の戦略に「固執」し、感染拡大の抑止に向けて役立つデータを無視していることに懸念を示していた。フランクスは「信頼できるすべてのデータと向かい合わない限り、当局はこれまでの方針を変えないでしょう」と言う。「そして死亡率が高止まりしたままの状態が続くのです」

私にはテグネルがそのように愚かなわけではなく、現実を直視し、修正すべきことは修正しようとしているように見える。今後のスウェーデンの感染者数の動向に引き続き注目していきたい。