昨日のブログの話題に関連して、2020年5月29日にウェブマガジン「MIT Tech Review」で配信された「なぜ、高齢者ほどネットでデマを共有するのか?」(https://www.technologyreview.jp/s/206942/older-users-share-more-misinformation-your-guess-why-might-be-wrong/)について書きたい。

ソーシャルメディア上でデマを拡散しているユーザは高齢者であることが多いという。

高齢者は他の年齢層よりもフェイクニュースや疑わしいリンクを多くシェアしており、その割合は若い層と比較して最大で7倍に上っている。しかし新たな分析によると、その理由を説明した仮説には不正確なものが多く、そのせいでデマ拡散を抑制する試みのいくつかが失敗に終わっている。

「7倍」と報告しているのは、2016年の米国大統領選挙時におけるFacebookのリンクを分析したGuessらの論文「Less than you think: Prevalence and predictors of fake news dissemination on Facebook」(https://advances.sciencemag.org/content/5/1/eaau4586)だ。タイトルからわかるように、フェイクニュースの拡散はそれほど酷いものではなかったとしているが、フェイクニュースを拡散したのは「65歳より上」が1人あたり0.75件で、これは「45歳から65歳」の0.26件の2倍以上、「18歳から29歳」の7倍にあたる。

高齢者がフェイクニュースを拡散する理由としてよく挙げられるのは認識力の低下と孤独感の2つだ。だがこれらのどちらも科学的な裏付け(エビデンス)はなく、「直感や固定観念に基づいている」とハーバード大学心理学部のナディア・ブラッシャーは指摘している。

ブラッシャー博士の研究は、高齢者とデマに関する一般的な仮説には、支持するに足る証拠が欠けていることを明らかにしている。同研究ではまた、対人関係からデジタル・リテラシーに至るまで、他の要素が作用している可能性も考察されている。高齢者がネット上で大量のデマを共有する理由を説明する唯一の解は、今のところない。

私が興味を持ったのは、ファクトチェック(事実確認)が役立たないとする研究結果だ。

[ファクトチェックは]意図したものとは逆の効果を高齢者に与えている可能性がある。「『誤り』とラベル付けされた主張を繰り返し見ていると、時とともにその主張に対する高齢者の信頼が皮肉にも増すのです」とブラッシャー博士は言う。

とはいえ、高齢者の真偽を見分ける力が劣っているというわけではない。実際に「高齢者は見出しの真実性を判断する能力が実際に優れていた」とする研究もあるという。つまり、拡散は真偽とは無関係におこなわれている。これは非常にやっかいな事態だと思う。この記事では「高齢者は若い世代よりもソーシャルプラットフォームに馴染みがないことに加え、社会的な交流が狭く、よく知っている人物に高い信頼を置く傾向がある」ので、それを利用すべきだと述べている。