阿部和也の人生のまとめブログ

私(阿部和也)がこれまで学んだとこ、考えたことなどをまとめていきます。読んだ本や記事をきっかけにしていることが多いのですが、読書日記ではありません。

2013年11月

【このブログ記事は11月29日に掲載したものですが、11月30日のために用意したものでした。11月28日に掲載すべき記事を抜かしたことから順序が狂いました。11月28日のブログ記事を変更しています。お時間がありましたらご参照ください。】

一昨日のブログで取り上げた中村ら編:『「訓読」論―東アジア漢文世界と日本語』(勉誠出版)から陶徳民(タオ・デミン)『近代における「漢文直読」論の由緒と行方―重野・青木・倉石をめぐる思想状況』について書きたい。陶は関西大学教授で、専門は近世近代日本漢学思想史・近代東アジア国際交渉史である。本論文は、1920年頃の日本の思想状況と、それに強い影響を受けた漢文学界の状況を分析している。

論文の冒頭は、以下の刺激的な文章で始まる。
今日の中国学界で、「漢文直読」という学問上・教育上の主張がかつて政治的に危険視されていたことを知っている人は、おそらくそう多くはないだろう。しかし、それは厳然たる事実であり、しかもリベラルな思想が流行っていると言われる大正時代のことであった。(49ページ)

荻生徂徠が漢文直読を推奨したことは昨日のブログでも述べたが、明治になり、清国を含む外国との交流が活発になったことから、重野安繹という漢学者は1879年の講演で、中国語に堪能な漢学者を養成すべきだと述べている。重野は徂徠を再評価するとともに、清国に学生を長期留学させ、中国人並みの読解力を身につけさせるよう訴えた。
考えてみれば、洋学一辺倒の時流のなかで敢て漢学の再興を唱え、少年留学生の清国派遣の必要性を鼓吹したことは相当の勇気を要することであったろう。しかし、多元主義の文明観の持主として漢学の起死回生を図ろうとした重野にしてみれば、これは己の当然の責務であった。(55ページ)

陶は、このような意見を堂々と表明できたということは、「明治前期の思想界における自由奔放で包容力のある気風をよく物語っている」としている。重野の後に訓読に強く反対したのが、重野より60歳以上年下の青木正兒と倉石武四郎である。彼らは中学時代に英語を学んでおり、その経験から漢文についても中国古典語としての教育が当然であると考えるに至ったようだ。

青木は『本邦支那学革新の第一歩』で、訓読の弊害を3つ挙げている。
1.訓読は読書に手間取って、中国人同様に早く読むことが出来ない。
2.訓読は中国語固有の文法を了解するには害がある。
3.訓読は意味の了解を不正確にする。

これらについていちいち解説する必要は無いだろう。訓読により意味が取れていると感じるのは錯覚であって、ニュアンスが失われており、辞義もすり替えられている可能性があるのだ。
倉石は『支那語教育の理論と実際』において、訓読では異なる字を同一の訓で読んだり、読まない字が生じたりすることで、中国人が考えていることが却ってわからなくなっていると指摘する。さらに「論語でも孟子でも、訓読をしないと気分が出ないというのは、信州に育った者が新鮮な生きの良い魚よりも塩鮭がうまいと言うようなものだ」と断言し、このくだりは「漢文訓読塩鮭論」として有名だそうだ。

ところで、第一次世界大戦後の日本の社会状況はと言えば、1918年夏の米騒動に前後して、労働運動、農民運動、婦人運動、部落解放運動、民本主義運動、社会主義運動、共産主義運動など、反権力的、反体制的運動が多様な形で展開した。これに対して政府は強い警戒心を抱き、反権力的、反体制的な運動には同調しないように国民を指導した。そのような状況下で漢文直読論は中国の五・四運動(1919年)に関連する動きと捉えられたのだ。

青木は京大で支那学を先攻し、中国の現代小説に熱中した。その後、他の研究者とともに雑誌『支那学』を1920年に創刊している。その創刊号に掲載予定だった『本邦支那学革新の第一歩』は第5号(1921年)まで掲載を延期されている。当時は漢字整理案が公表されたり、漢文科(当時は国語科と並んで漢文科がったらしい)の廃止問題などが論じられたりしていて、学界内も騒然としていた。漢文科の中では漢文を外国語扱いすること自体に、伝統の無視だとして大きな反発があった。現在では想像もつかないが、漢文教育を否定することは教育勅語を否定することに通じていたのだ。無論、青木も倉石も漢文教育を否定したわけではなく、ある意味で漢文教育の進化を促すために提案したことであったのだが、学界にはそれを理解する雰囲気すら無く、彼らは自説を強く主張することができなかったのだ。

教育は権力から独立している必要があるが、思わぬところで権力の爪痕を見ることになった。

【このブログ記事は11月28日に掲載したものですが、11月30日のために用意したものでした。11月29日に掲載すべき記事を抜かしたことから順序が狂いました。11月28日のブログ記事を変更しています。お時間がありましたらご参照ください。】

昨日のブログで取り上げた中村ら編:『「訓読」論―東アジア漢文世界と日本語』(勉誠出版)から中村春作『「訓読」の思想史―〈文化の翻訳〉の課題として』を取り上げたい。中村春作は広島大学教授で日本思想史を専門としている。ちなみに「訓読」とは、漢文に読み順を示す返り点や数字点を付し、送り仮名を補って、漢文本文を上下に移動しながら日本語として読んで行くという方法である。

本論文は、「漢文の訓読」に対するものとして初めて「やまとことば」が認識されるという視点から、日本語の成立に訓読が欠かせなかったとし、その訓読を成熟させるものとして、訓読を批判した荻生徂徠(1666-1728)があるという立場をとるようだ。
「訓読」という「読み方」が社会内に一定の公式として拡散し、近代の「知」の基盤や教養を形づけるに際して、荻生徂徠「古文辞学」の登場が契機となり、その方法論が提起した問題意識が一方で分有されると共に、それへの反発、公的な代案として出現したのが、「訓読」の定式化ではなかったかと考えるからである。(24ページ)

言い方を変えれば、以下のようになるだろう。訓読は徂徠以前にもあったが、定式化されたものでなかった。しかし徂徠が訓読を批判することにより、批判された側は訓読の改良、定式化に努めた。訓読が定式化されることで、文語文が成立し複雑な概念が文章化できるようになるとともに、漢語に対する概念として大和詞という概念が誕生した。

本書を通じて学んだことであるが、徂徠は一般の訓読を「和訓廻環の読み」と呼んで批判し、中国音による直読を「従頭直下(しょうとうちょっか)」として推奨している。しかし同時に徂徠は中国語で読めば分かるとも言っていない。地理的にも時間的にも隔たった古代中国の文章は読めば分かるというものではないので、解釈し、適切に翻訳すべきだと述べている。
こうして、「言語」の本来的有限性を認めつつ、「古今・華和」の間の断絶を克服しようとして言い出されたのが、「華音」による直読の主張であり、「廻環顚倒」して和文脈に読み替えるのではなく「訳」することの主張であり、独自の経書注釈の方法であった。それは、古代テキストに載る記述を、後世の論争的言辞による「解釈」を通じて理解するのではなく、その記述を記述として有意味たらしめていた当時の社会内諸事象を、その内に読み込んでいくことを通じて、彼の用語を使えば、「物」=「古言」として把握することを通じて理解しようとするものであり、それは世に見慣れた経書注釈の姿からは飛躍した、独自の「方法」なのであった。(28ページ)

さらに中村は、反徂徠の潮流の中で朱子学復帰の運動が高まり、正統的テキストが確立されて、「正しい読み」の必要性が生じることで、それまで「句読」とも呼ばれてきた習慣が、より制度的に「国文」化して朗誦する「素読」として成立したのではないか(36ページ)と提起する。

しかし、徂徠は訓点を拒絶していた訳ではない。実際彼は『六諭衍義』の加点を行なっている。これは元はと言えば将軍吉宗が室鳩巣に命じたものだが、鳩巣の邦訳を吉宗が気に入らず、将軍側から直々に徂徠に依頼があったものだ。その徂徠の訓点には、中村によれば特異な訓法は見られない。その中で徂徠の訓点の独自性を特徴付けるのは、口語的な振り仮名(左訓)の多用である。例えば「父母生成的…」の「生成的」に「ウミソダテルモノ」と振り、「許大的世界、許多的人民」の「許大的」に「カクヲゝキナル」、「許多的」に「ソコバクノ」と振っている。
徂徠は、文章右側の見慣れた「訓点」に加えて、左側に「俚語訳」[引用者注:俚語は普通の人の言葉。ここでは一般的な日本語]を付することで、「異質な文化」のいわば多層的な解釈をここで提示しているのだと言える。必ずしも自ら望んで行ったわけではない加点作業を通して、彼は、異文化としての中国文を、衆人にいかに具体的に呈示するかという試行を行ったのだと考えることができるだろう。それは複数の「読み方」を共存させて、文章を理解しようとする「読み方」であった。(41ページ)

荻生徂徠は偉大な学者であると知っていても、実質的には名前しか知らなかった。高等教育の場において、過去の遺産に直接接する機会を増やすことが望ましいだろう。

【このブログ記事は誤って掲載し忘れていたものです。11月28日分として11月30日に掲載し、この後のブログ記事は日付を1日ずつずらしています。】

中村春作、市來津由彦、田尻祐一郎、前田勉:編『「訓読」論―東アジア漢文世界と日本語』(勉誠出版)を読了した。複数の論文を集めた本で、編著者も多いため、本日は紹介をしない。今後、掲載論文を取り上げる際に著者について触れたい。

この本を読んで感じたのは、私が知らない世界がなだこんなにあったという感慨である。複数の学会があり、学術専門誌も複数あるのだが、畑違いの私は全く知らなかった。いや、私の知らない世界があることは、当然理解している。私が驚いたのは、漢文という中学生から親しんできた分野について、いかに私が無関心だったか、当然のこととして疑問を持たないことがいかに多かったかということについてだ。
戦後の学校教育において、「国語」教科書はなぜ、「古文」と「漢文」に部分けされるのか。そもそもそれはいつからなのか。高校の古典教科書の教材に、時代的、素材的な偏りが明らかに存するのはなぜなのか。私たち自身、高校において学んだ教材を思い出してみれば、『源氏物語』『伊勢物語』『竹取物語』『枕草子』『更級日記』『土佐日記』……等々が容易に思い出されるのだが、振り返ってみれば、その多くが平安朝の、それも女性によって書かれた文芸が中心なのはなぜなのか。平安期に漢文で書かれた詩文集が教科書に日本古典として登場しないのはなぜなのか。近世に目を転じてみても、十返舎一九『東海道中膝栗毛』や芭蕉の紀行文が教科書に載ることはあっても、当時第一級の文人と目された、伊藤仁斎、荻生徂徠らの文章が教材として登場しないのはなぜなのか。(7ページ、中村春作『なぜ、いま「訓読」論か』)

この中村の文章を読んだ時、私は愕然とした。私は、あるべき教育とは全てを公平に教えるものだと思っている。私がそのような教育を受けたいと思うのは、そのような教育により偏りの少ない人間が形成されると考えているからだ。本ならどのような本でも読んでみることにしているのもそのためだ。ところが、肝心の日本語教育で、教材の意図的な排除と選択が行なわれていたのだ。まさに「私たちを無自覚の内に規定してきた『近代の学知』(7ページ)」であり、「近代に成立した国民国家の枠組みにあわせて、その都合(「一国」という近代の枠組み)によって『学問的に』切り取られてきた歴史や言語や文学(8ページ)」があったのだ。このようなことを知ってしまうと、大袈裟に言えば「知恵の木の実を食べてしまった」ようなもので、国語教育について、今までと同じように見ることは困難になる。

社会科教科書、歴史教科書については、文部科学省の統制が厳しく、その思想的背景に偏りがあることは以前から指摘があり、私も知っていた。国語教科書については全く「ノーケア」だっただけに衝撃が大きかったのだ。自分の能天気を反省せねばならない。

この本を読んで思い出したことがある。私が通学していた中高一貫校は生徒にユニークな人材が多かったが、中に漢文の教師の訓読を批判する生徒がいた。訓読の流儀は複数あり、教師某は複数の流儀を混在させているのでものを知らないといった批判であった。その頃は聞き流していた批判であるが、本書により40年以上を経てやっとその批判の意味するところの片鱗を理解することができた。

昨日に引き続いて医療者向けポータルサイトの「m3」からの話題を取り上げたい。2013年11月23日に社会保障審議会についての報道があった。『「協議」と「ペナルティー」で機能分化推進―医療保険部会、地域医療ビジョンの実現措置で同意』というものだ。

社会保障審議会は、厚生労働省が以前提出した案には反対していたが、今回提出された「新たな案」に対してはおおむね了承したとのことだ。
「新たな案」は、地域医療ビジョンで定めた医療機能の必要量に収斂させていくため、医療機関相互の協議の場を設置、医療機関に対して、協議の場への参加と合意事項への協力などを努力義務とする案。(1)合意を無視して、必要量に照らして過剰な医療機能の病床を増やそうとする、(2)何らかの事情により、協議が機能不全になった――などの場合に、ペナルティー的な対応を行う。(1)の場合、過剰な医療機能への転換中止を都道府県が要請したり、当該病床に限って、保険医療機関の指定を行わないことなども想定している。

いよいよ病床の再編成の具体的な像が見えてきた。各病院には様々な思惑がある。病院というのは儲かれば良いのではない(そういう病院もあることは否定しないが)。病院に勤務する医師には「やりたい医療」というものがある。例えば外科系医師であれば手術をしたい、手術の技術を向上させたいのが普通だ。急性期病院としてやってきた病院が慢性期病院に転換せざるを得なくなった場合、当然手術はできなくなる。そうなれば、その病院に勤務していた外科系医師は、手術を諦めるか、急性期病院に転職するかを選択しなければならない。手術を諦めた医師のモチベーションがどのように維持されるかは未知数である。また、転職する場合は、病院の医師数が減少することになり、慢性期病院としての運営が問題無いかどうかも考えねばならないだろう。

住民にとっても、いままで近くにあった急性期病院が慢性期病院に転換するとなれば、急性疾患の場合には遠距離の病院まで行かねばならない。それなりの覚悟が要るだろう。

今までもこのようなことは起こっている。例えば、志木市立市民病院は民間に委譲され、慢性期病院に変わるそうだ。外科系は必要度が低下するため、医師の流出がある。埼玉県の人口当たりの医師数は現在でも低いのだが、さらに低くなる可能性がある。それを見越して制度設計をしているのかが疑問だ。また、埼玉県立小児病院の移転により、現在の病院の周囲に暮らす医療必要度の高い小児が困っている。老朽化した病院の立て替えは必要だろうが、病人に取って病院までの距離は、医療の質に直結する問題だ。特に、小児病院での処置が必要なために病院の周囲に転居した慢性疾患小児患者にとっては深刻な問題だろう。これは、清瀬小児病院が八王子小児病院と合併する際にもさんざん問題になったことだ。医療資源の集中と効率化を否定することができない時代が到来したということだろうが、患者の負担も確実に増加するということをしっかり想像できていないといけない。

さらに、厚生労働省が現在提示している病床再編案はあくまで「案」であり、その効果のほどは未知数であることも念頭に置かねばならない。日本は将来急激に人口が減少することが予想されており、2025年問題といっても、30年40年続く話ではない。現在の議論はその点が抜け落ちていることが多い。
日本病院会副会長の相澤孝夫氏は、「高度急性期などの医療機能の区分がずっと続くことを想定して議論しているが、この区分が違ってくる可能性もある。医療機能の区分があたかも決まったように議論しているが、本当に大丈夫なのか」などと問題提起し、医療ニーズに併せて柔軟な対応が取れる仕組みにしておくことが必要だとした。

相澤の言うとおり、50年後、100年後を見据えた柔軟な思考が必要なのだ。

医療者向けポータルサイトの「m3」のセクション「医療維新」には、様々な話題に付いて関係者に取材する「インタビュー」というコーナーがある。2013年11月22日の配信は 『「全カルテが見える」連携に疑義―木村通男・浜松医大医療情報部教授に聞く』の第1回であった(http://www.m3.com/iryoIshin/article/185679/)。構成はm3編集長の橋本佳子が行なっている。木村は東京大学の工学部でコンピュータを先攻し、その後大阪大学医学部に学士入学し医師になった。医療情報を専門とし、活発に活動している。

IT技術の急速な進展に伴い、医療者間の情報連携が大量のデータを相互にやり取りする方向に向かいつつある。現在でもCTやMRIなどの画像は、診断に用いた重要度の高い画像を紹介状に添付して送るというやり方から、全画像をCD-ROMに焼いて渡すというやり方に変わっている。また、カルテの相互参照、共通カルテなど、全ての情報を医療者間で共有しようとする試みが増えている。彼は、「カルテが全て見えることがいいことだと、無条件に考えすぎていないか」と問いかける。
「過去のカルテまで詳しく見ている時間がない」という医師は多い。処方歴や検体検査結果を見る場合でも、せいぜい3カ月程度で、カルテは読むのに時間がかかり、その余裕はない。しかし、連携基盤を提供するベンダーは、「カルテ情報など全てを共有できる」ことをウリにします。[中略]昔は、患者紹介の際には、紹介先に渡すCTのフィルムを選んでいました。全スライスを渡すのが物理的、コスト的に無理だったこともあります。また紹介先の医師に、正確に状況を伝えたいと思ったから、厳選していた面もあります。紹介状も手書きで書いていました。

最近のCTはヘリカルスキャンという撮像方式を使うことが多く、何十枚というスライスを一気に撮影する。昔はフィルムに現像して観察していたので、数十枚のX線フィルムというと重くて持ち上がらないほどだった。紹介状に付けるフィルムもせいぜい数枚だった。この頃はCD-ROMに焼いて、場合によっては100枚を超える画像データを持ってくる。それが良いことかと言えば、肝心な画像が多くの画像に埋もれてしまっている場合もあり、決して良いとは言えない。木村も「胸部に異常が疑われる場合でも、ついでに腹部まで撮影し、その全てが紹介先に送られてきます。「胸部CT検査」と書かれていれば、胸部は見ますが、実は肝臓にも所見があった場合、見落とすケースは多いでしょう」と指摘する。

電子カルテになって、患者情報の全体像を摑みにくくなったという話はよく聞く。医療関係を専門とする弁護士と話していたときも「紙カルテだったらパラパラ見ていくと、大事なところがわかったが、電子カルテではそうはいかない。ざっと見渡すことができない」と嘆いていた。私も、必要があって患者のカルテを探索することがあるが、経過の全体像を把握するのに非常に時間がかかる。「このようなことが書いてあった」と言われて探しても、記録量の多い患者での場合、その記述までたどり着くのは容易ではない。

紹介状は、患者の経過をまとめて分かり易く伝える。この、重要な情報を抽出して整理するという過程が重要である。電子カルテを相互参照できれば全て分かるではないかと考える向きもあるかも知れないが、そうではない。
「アレルギー歴は、紹介元の病院で言いました」という患者さんが、紹介先でそれを知らずにアナフィラキシーショックを起こしたら、どうするのか。誰が責任を負うのか。こうした疑念はたくさん聞きます。
紹介元のカルテなどの全情報が見ることは、責任も生じることなのです。紹介状や読影結果に書いてあればまだいいですが、「胸部CT検査」となっていれば、腹部までは見ないかもしれない。何でも見えるのは怖いこと、医師にとっては大変なことです。

「経過のサマリーを自動的に作ってくれれば有難いのに」という希望を耳にすることもあるが、木村も言うように「読んでいただく先生に、的確に大事なことを伝えたい」という意識で書くことが大切なのだ。要領の良いサマリーを作成するには訓練が必要である。月並みな言葉だが、サマリーを作成することが勉強にもなっているのだ。

↑このページのトップヘ