阿部和也の人生のまとめブログ

私(阿部和也)がこれまで学んだとこ、考えたことなどをまとめていきます。読んだ本や記事をきっかけにしていることが多いのですが、読書日記ではありません。

第2の教訓のタイトルは「問題は政治の量ではなく質だ」という直接的なものだ。ジョンズ・ホプキンズ大学が2019年に公表した「世界健康安全指標」で、米国は6項目中4項目でトップだった。

予防、早期発見と報告、十分で堅牢な保健システム、世界基準への準拠の4項目である。この結果は正しいように響く。実際米国には世界のもっとも優れた製薬会社のほとんど、研究をする大学や研究所、それに保健機関がある。しかし2020年3月には、この強みと思われたものがひどいジョークに思えるようになった。Covid-19が米国全土に広がり、政府の反応は遅く、弱く、そして誤っていたからだ。(29ページ、訳は引用者、以下同様)

米国は世界でも上位に入る死者数と医療崩壊を経験することになる。その一方で中国は強権的に感染を制圧しようとした。さらに中国は世界から求められている情報を出そうとせず、一時はCovid-19に関する科学記事の出版さえ制限した。

「エコノミスト」誌は、記録が残っている1960年以降の地方流行病を調査し、独裁政権がアウトブレークへの対処を誤ることが多いことを発見した(33ページ)。アマルティア・センが、独裁政権より民主主義政府のほうが飢饉により良く対処できることを発見したのと同じメカニズムだろう。中国のやり方について、ザカリアは「他にも方法があるのではないか」と疑問を投げかける。

彼は、Covid-19に対する対処がうまくいっていると考えられる他の諸国と米国を比較し、問題は「能力のある、うまく機能する、信頼されている国家、つまり政治の質だ(36ページ)」だという。

過去に国家は戦争をしてきたが、戦費を調達するには税に頼るしかなかった。小さな国である英国がなぜ世界の覇権を握れたかというと、英国民が高額の税金を支払ってきたからだという。1700年代の終わり、平均的なブリトン人の支払っていた税金はフランス人の3倍だったという(41ページ)。今後、各国はCovid-19対策で使ってきた金の回収をしなければならなくなる。それは増税という形を取らざるを得ないのだが、社会がそれに耐えられるかどうかでその国の将来が決まるのかもしれない。

なぜ米国政府はじゅうぶんに機能しないのか。ザカリアは、米国はレーガン以来、政府を小さくしようとする人々によって運営されてきたからだという。

公務員は以前のような特権的なキャリアではなくなった。雇用は凍結され、予算カットは効果を上げてきた。ブルックリングズの分析が指摘しているように、「現在から2025年までの間に[連邦政府職員の]3分の1が定年退職の時期を迎え、30歳以下の職員は6%しかいない」。レーガン以来米国民は、政府が解決する問題より政府が引き起こす問題のほうが多く、国の機関は肥大化しすぎており、ほとんどの業務は民間でおこなうのが最善だと考えるようになった。(46ページ)

現在の米政府の弱体と機能不全は、政府を破壊しようと努めてきた「成果」だとザカリアはいう。彼は米国の医療情報処理の不具合を書き立てている。電子化と連携ができていず、電話、電子メール、郵便、さらにはファックスまで使ってと書いているのだが、日本はファックスが主流だったりする。ザカリアが非難する米国の現状の2歩も3歩も後を日本は歩んでいる。

米国民は民間を重視し、政府を解体しようとしてきた。現状はその結果だという。日本国民は政府を解体しようとしてきたわけではない。それでもこのありさまだ。なぜかはわからないが、少なくとも日本国民は政府を育てようともしてこなかった。それは言えるのではないだろうか。

Covid-19でこれまで協力しあってきた国ぐにが一斉に国境を閉ざした。ザカリアは、世界は本来そのようなものだという。国を超越した機関や、多国間を調整する機構は、存在しないかあっても貧弱である。

[IT革命により]私たちの誰もがつながっている。だがそれをコントロールするものはいない。別の言い方をすれば、私たちが暮らす世界は開放的で高速な世界である — したがって、ほぼ必然的に不安定である。
これほどまでに動的で開放的なものを安定化させることは困難だ。どのようなシステムでも、開放性、高速性、安定性の3つのうちの2つしか実現できない。私たちが暮らすこの世界のように開放的で高速なシステムは、本質的に不安定なのだ。(14ページ、訳は引用者、以下同様。太字は原文ではイタリック)

この3つのうちの2つという考えは、コンピュータネットワークが開放性、高速性、セキュリティの3つのうち2つしか実現できないというジャレッド・コーエンのアイディアを借用したものだそうだ。さらにザカリアは政治経済にもこの「3つのうちの2つ」(彼は「トリレンマ」と呼ぶ)があるという。資本の自由流動性、独立した中央銀行、固定為替レートの3つだ。

少し理屈っぽく聞こえるかもしれないが、これらのトリレンマの意味するところは単純だ — すべてが開放的で高速に動くのであれば、システムは危険なほど制御不能になるということだ。(15ページ)

ザカリアはまた農業における人類の開発行為が地球を危機に追い込んでいることも指摘している。特にオガララ帯水層の話が印象的だった。これは米国中西部・南西部のネブラスカ州など8州にまたがる帯水層で、この地域はほぼ全域がステップ気候に属して全体的に降水量が少なく、河川や湖沼などの地表水が少ないため、この帯水層の地下水が重要な水道水源、農業用水源となっているという(https://ja.wikipedia.org/wiki/オガララ帯水層)。

この無尽蔵と思われた水源は農業ビジネスによりあまりにはやく消費されており、このままいくと50年も経たずに70%が失われる。この帯水層が枯渇すると、雨水によって再び満たされるには6千年かかるだろう。(22ページ)

なぜこれだけの農業生産を必要とするかといえば、理由の一つは人が肉を食べるからだ。肉の生産には多くの植物性飼料が消費される。ザカリアは、肉を食べないのは不可能だろうが、肉を減らして健康な食生活を送ることはできるだろうという。野生動物を食べないことで、野生動物が持つ感染症に接する機会も減るだろうともいう。持続可能な生活パターンを今後どのように築いていくか、それが私たちに課せられている課題だというのが彼の視点だ。

まえがきでザカリアは、冷戦後の世界は米国中心の世界になったと述べている。これはソビエト連邦が崩壊して社会主義を捨て、ロシア共和国になったことを考えれば正しいと言えるだろう。だが世界はリスクを持ち続けており、バルカン戦争、アジアの経済危機、9.11攻撃、世界経済危機が起こり、Covid-19が起こった。これらの事件はすべて「非対称性の」ショックだという。

これらは小さな事件として始まったが、最後には世界中に衝撃を与えた。特に永続的な影響をもたらすと判断される3つの事象 — 9.11、2008年の経済危機、そしてCovid-19 — について[非対称性が]言える。(9ページ、訳は引用者、以下同様)

9.11は、西側社会が今まで事実上無視してきたイスラム社会と西側社会との関係を強制するものだった。西側社会は、イスラム原理主義の過激派や中東の複雑な緊張状態に巻き込まれざるをえなくなった。さらに米国はアフガニスタンとイラクに派兵する。その結果として生じた流血、紛争、難民は今もまだ収まらない。

2008年の経済危機は、歴史の中で繰り返されている現象のひとつにすぎない。しかし、米国から始まり全世界に1930年代の大恐慌以来の下落をもたらしたこの経済危機は、政治的には複雑な結果を生んだとザカリアは言う。

この破綻の根本は民間部門のやりすぎにあるのだが、多くの国では、国民は経済的な左寄りの行動をとらなかった。文化的に右寄りの行動をとったのだ。経済的な不安は文化的不安を生み、移民への敵意と懐かしい過去への懐古的な回帰願望を生んだ。右派的な大衆迎合主義ポピュリズムが西側諸国全体で強まった。(10ページ)

Covid-19は、今まさに私たちが経験しつつある現象だ。これにより、世界が大きく変わるという人もいれば、あまり変わらないという人もいる。米国が当初Covid-19の制御に大きく失敗したことが、米国の覇権にどのような影響を与えるのか、また中国はCovid-19をどのように利用していくのか、まだ何とも言えないことが多い。だが、これだけの大事件であるから、何らかの跡を残すに違いない。そしてそれを変革の契機にするのか、あるいは無視するのかは、私たち自身の気持ちにかかっていると言える。

↑このページのトップヘ