阿部和也の人生のまとめブログ

私(阿部和也)がこれまで学んだとこ、考えたことなどをまとめていきます。読んだ本や記事をきっかけにしていることが多いのですが、読書日記ではありません。

森田によれば、社会学者フィンケルホーは「性暴力は男性の社会化(male socialization)ジェンダー意識に起因している(141ページ)」と論じた。その論点は次の4つである。非常に長いが、重要な指摘だと感じたので、そのまま引用する。

  1. 女性は性的な愛情関係と非性的な愛情関係の違いをはっきりと区別させて学ぶのに対して、男性は性行為なしで愛情を表現する機会を持たされてこなかった。それゆえに男性は愛や親密さといった情緒的欲求を生行為を通して満たそうとする傾向が女性に比べると強い。
  2. 女性との性関係を持つことが、男性としてのアイデンティティの確立に重要だという意識を持たされてきた。それゆえに男性は女性にくらべて自己のアイデンティティが危機に陥ると性行為を通してそれを取りもどそうとする傾向がある。
  3. 男性は、性的関心、性的行為を精神的、情緒的関係なしに持つことができるように社会化されてきた。その男性の無機的に性行為を持ち得る可能性は、男性のポルノグラフィへの関心や子どもからも性的刺激を得ることができる事実に現れている。
  4. 男性は、最もふさわしい性的パートナーは自分より若く、小さく、弱い存在であるべきだと社会化されてきた。一方、女性は最もふさわしい性的パートナーは自分より年上で、大きく、強い存在であると社会化されてきた。性的虐待の加害者にとって子どもは彼らの性的パートナー、若く、小さく、弱い存在の延長線上にある。
(142ページ)

非常に示唆に富んだ指摘だと思うが、私はこの説に全面的に賛成するものではない。すべてが社会化によるものではなく、生物学的な基盤を持つ行動もあると考えるからだ。だが、私にとっては新しい視点であり、かなりの部分に賛成できる議論でもある。いずれ時を改めてフィンケルホーの理論について考察したいが、彼の「まず第一に男性は性行為をともなわない愛情と親密さに満ちた関係 — 男と男の友情や育児に携わる — を積極的に持つと同時に女性との平等な性関係を保つことを学ばなければならない」という言葉は正しいと感じる。

ただし、「子どもに性暴力をする加害者の約半分近くが、実は同じ子ども・ティーンズであるという統計的事実(76ページ)」があることを忘れてはならない。性暴力はかならずしも性的なものとは限らない。それが相手を貶めるもっとも効果的な手段であるために選択され実行されることもある。

昨日のブログには、体罰の連鎖について、体罰を容認する認識が連鎖を生むのではないかという考えを書いた。だが、連鎖を生み出すメカニズムとしては、心理的外傷や抑圧された感情が別の機会に衝動となって吹き出すということのほうがより重要で、より深刻な結果を生む。また、体罰を容認しようという気持ちは、体罰により自分の衝動を解放しようという無意識の欲求の表れかもしれない。

森田は読者から多くの手紙をもらうが、子ども時代にさまざまな苦痛を受けたある男性からの手紙の結びには、次のような一文があったという。

「大きな犯罪を犯して人々の注目を浴びたい。たくさんの人を殺してから自分も自殺する。私の存在証明は、そうすることでしか示すことができないのです。」(96ページから97ページ)

森田は「このような思いを私という特定の対象に向かって綴ったことで、この人はその分だけ、暴力への衝動を実行に移す可能性を減らしたのだと願いたいです」と書いている。痛切な願いだが、心情の吐露に治療的な効果があることを考えれば、この願いはある程度実現しているだろう。

森田は、怒りには2つのタイプがあるという。ひとつは単純な立腹。もうひとつは「怒っているけれど泣きたい気持ちもある」というような「複雑な感情としての怒り」だ。

二次感情としての怒りとも呼ばれます。自分から他者への攻撃行動をもたらすのは、このタイプの怒りです。
私はこのタイプの怒りを「怒りの仮面」と名付けました。(63ページから64ページ)

本来は別の感情なのだ。自分の痛いところを突かれたり、自分の思い出したくない過去を思い出させられたりして怒る。別の感情が怒りという仮面をかぶって現れるという意味だろう。

DV加害者は「妻が俺を怒らせる」とよく言います。しかし本当は、妻の言動が夫の怒りを刺激したのではなく、仮面の裏側の感情を刺激したのです。その感情はその人の傷つき体験がもたらしたものなので、通常は抑圧されていますが、わずかの刺激に反応し膨れ上がります。(69ページ)

この「怒りの仮面」は社会的認識から生じることもある。

「男は強く、女は優しく」を信奉する社会が男性、男子に表現を許している感情がひとつだけあります。怒りです。悲しさ、寂しさ、怖さを口にすることは女々しいが、怒りを表現することは雄々しいのです。(127ページ)

森田は、怒った人に対応するには「その怒りの顔は仮面」だと考えることが有効だとしている。

「あんな怖い顔をしているけど、あれは仮面に過ぎない」と思ってみてください。そして、その裏には何があるのかと怒りの仮面の裏をのぞいてみます。すると、そこには泣いている顔に代表されるような感情、たとえば恐れや不安、悔しさ、さみしさ、絶望、見捨てられ不安などが混在して抑圧されていることが見えてきます。(68ページから69ページ)

もちろんこれは即効性のある対処法ではない。怒っている人は裏の感情を抑圧しているのが普通なので、その感情を指摘しても否定するか、ますます怒るだけだ。だが、この考えを元に相手と対話することが可能であれば、相手を変えられる可能性はじゅうぶんにある。そのときに重要なのは、すべての感情が大切であり、良い感情も悪い感情もないことを知り、すべての感情をありのままに受け入れ、認めることだと訴える(73ページ)。

子どもに対する保護者の体罰は、「ほとんどが怒りの爆発」だという。この本では、高齢者に対する介護者からの体罰については触れられていないが、高齢者に対する体罰も同様だろう。子どもに虐待をおこなった経験のある親の語りは読んでいて辛い。

「何度言っても言うことを聞かないので、あんまり腹が立って頬を思いっきり叩いたら、子どもは泣くでもなく、怖がるでもなく、謝るでもなく、固まってただ私の目をじっと見るのです。その子どもの反応に怒りが一気に燃え上がりました。泣いてごめんなさいを言うまで叩き続けないと気がすみませんでした。」(48ページ)

森田は爆発のメカニズムを「自分のした体罰行為が自分の怒りを増殖する」と説明する。

体罰行為に対する子どもの反応に刺激を受けて、保護者はいっそう怒りをつのらせ、その怒りは殴れば殴るほど増殖し、抑えがきかなくなります。(48ページから49ページ)

暴力に至らなくても、怒って大声を上げることで怒りが増すことは、私にも経験がある。人間が「泣く」ことについて、悲しいから泣くのではなく、涙を流すから悲しくなるのだという観察がある。つまり動作や行為が感情に先行するということだ。怒っているうちに激昂するというのも、同様のメカニズムなのかもしれない。

体罰を受けた子どもたちに話を聞くと、多くが「自分が悪かったからしかたがない」と言うそうだ。これはDV被害者が「私が悪かったから」と言うのと同様の構造のように思える。そして、この「悪かったからしかたがない」という捉え方が、体罰の連鎖を生むのだろう。体罰を受けてもしかたなかったと思う子どもは、おとなになったときに「悪い子なのだからしかたがない」と子どもに体罰を加えることになる。

森田がある子ども(Aくん)に、「[体罰を受けたとき]どんな気持ちになった?」と聞いたところ、同じ答えが返ってきた。「誰が悪かったかを聞いているのではなく、そのときあなたの気持ちがどんなだったかを知りたいんだけど」と聞き直すと、しばらく考えてから「すごく怖かった。その後は、やたら悔しくなった」と答えた。

親や教師から体罰を受けた中学生数十人に同じ質問をしてまわったことがあります。共通していた反応のひとつは、Aくん同様の皆、そのときの気持ちを言葉にすることに時間がかかったことです。(50ページ)

体罰に関して、被害者は社会的認識(悪い子は体罰を受けてもしかたがない)を優先させ、自分の感情(怖さ、悔しさ)を抑圧する。しかし、その抑圧された感情は、行動や思考にゆがみをもたらす。

恐怖や不安の感情は[中略]人に聴いてもらって表現しないといつまでも心の奥底にとどまって、行動や思考にゆがみをもたらし、それはしばしば自分か他者への暴力になります。(26ページ)

だから、体罰の体験を語らせ、感情に気づかせ、それを吐き出させることが治療にもなる。難しい治療ではない。しかし、子どもが安心して話せる環境を作ること、そして体罰が繰り返されないようにすることは、場合によっては非常に難しい。

調査によれば「日本の10代の若者のおよそ1割が自傷をしています」という。しかし「周りのおとなの大半はそのことに気づいていません」(67ページ)。感情の言語化ができない場合に自傷行為が起きやすい。おとなが子どもの葛藤に気づかないのは、おとなが無意識に葛藤を生み出しているからだろう。まずおとなが自分の感情に気づくことが必要なのだと思う(だがそれは簡単なことではない)。

↑このページのトップヘ