阿部和也の人生のまとめブログ

私(阿部和也)がこれまで学んだとこ、考えたことなどをまとめていきます。読んだ本や記事をきっかけにしていることが多いのですが、読書日記ではありません。

「生活習慣病」という言葉について考えたい。この言葉は日野原重明が初めて使ったと聞いていたが、1996年12月に公表された公衆衛生審議会意見具申「生活習慣に着目した疾病対策の基本的方向性について」(https://www.mhlw.go.jp/www1/houdou/0812/1217-4.html)には次のような記載がある。

近年、わが国において生活習慣に着目した疾病の呼称としては、「習慣病(日野原重明,1978)」、「生活習慣病(川久保清,1991)」などの用語が認められる。

この審議会には日野原も加わっていることから、この記述が正確だろうと推定される。「習慣」という言葉を病名に取り入れたのはたしかに日野原が最初なのだろう。だが「生活習慣病」という言い回しは川久が最初ということになる。

この生活習慣病は、食事・運動・喫煙・飲酒などの生活習慣が発症や進行に大きく関与する疾患のことを指すのだが、以前は「成人病」と呼ばれていた。病気の治療より予防がより重要であることを印象付けるために考え出された名前だ。

この病名について、上記の意見具申の中にはすでに次のような記述が見られる。

但し、疾病の発症には、「生活習慣要因」のみならず「遺伝要因」、「外部環境要因」など個人の責任に帰することのできない複数の要因が関与していることから、「病気になったのは個人の責任」といった疾患や患者に対する差別や偏見が生まれるおそれがあるという点に配慮する必要がある。

だが、このような懸念があったにもかかわらず、「生活習慣病は生活習慣が原因」というような偏った考えが広まってしまい、糖尿病患者に対する自己責任論が語られることが多い。特に透析患者について、冷酷な意見が聞かれることがある。

「生活習慣病」の原因は、具申にもあるように生活習慣ばかりではない。普通に暮らしていてもなることがある。また仕事などの関係で不健康な生活を強いられることで病気になることもある。そのような点を、医療側からもっときちんと伝えねばならないと感じることが最近多い。生活習慣病と名付けた医療側には、その名前によって引き起こされる弊害を食い止める責任がある。

昨日書いたように、私は哲学や倫理学について体系的に学んだことがなく、大学レベルの教科書を読んだことがないので、この本についてきちんとした評価はできないと思っている。その上であえて述べれば、この本は医療倫理分野のいろいろな説について、きわめて網羅的に、また詳細に解説してあり面白いと感じた。もちろん、この本を面白いと感じたのは、私が特に医療倫理に興味を持っているからだろう。普通に読んで面白い本だとは思えない。何といってもやはり難しい。

たとえば、Aという説が説明され、それに対するBという反論が説明され、さらにCという再反論が説明されているとする。Bの反論を理解するには、Aをある程度しっかりと理解していなければならない。しかし、読書の目的がAを理解することではなく、しかも後に反論されてしまうことがわかっていると、Aをしっかりと理解しようという気にはなかなかならない。だが、Aの理解が曖昧ではBの理解が不完全となる。そしてBの理解が不完全であれば、Bに対する反論であるCに至っては、何がなんだかわからなくなってしまう。この本ではそのようなことが何回かあった。論旨が追えない難解な説明を読み続けるのはかなり辛かった。

考えてみると、日頃読んでいる本は自然科学や社会科学の本が多い。そういった分野では、ある理論を説明する際には実例や証明を挙げ、反論する際には反例を挙げたり証明の欠陥を指摘する。思考実験を重ねて理論の欠陥をついたり、前提を疑ってかかったりすることが少ない。だから、個々の証明の詳細がわからなくても論旨や結論を理解することはできる。その一方で、哲学系の本は、反論する相手の理論がしっかりとわかっていないと、反論が正しいのか見当はずれなのかもわからない。

最終的には、自分の感覚にぴったり合う理論を詳しく理解し、それに対する反論を詳細に検討していくという手順を踏むのが良いだろうと思うが、道はなかなか遠い。

ただし、倫理理論に精通しなければ臨床倫理に手が出せないということではけっしてないと思う。逆に理論に精通していても、それが現場で役に立つとはかぎらない。おそらく、実際に重要なのは、問題に関わるすべての人びと(患者、家族、すべての医療介護スタッフ、社会支援スタッフ)の立場を想像できる想像力と、自分の感情や判断を客観的に評価できるメタ認知力なのだ。

赤林朗:編『入門・医療倫理 II』(勁草書房)を読了した。前の巻に当たる『入門・医療倫理 I』が基礎編であったのに対し、この本は医療倫理学をより深く掘り下げて解説したものになっている。

「reinvent the wheel」という言葉が英語にある。出典は知らないが、よく使われる言葉で、日本語では「車輪の再発明」と訳される。だが、この日本語には馴染みがないから実際に訳すときには「すでに発明されているとも知らず、自分で苦労して考え出す」などと訳す。この本を読んでいて頭に浮かんだのはこの言葉である。

私の場合、仕事上の必要もあって、倫理についてあれこれと考えることがある。また、いろいろな倫理理論や哲学的な学説について、解説を受けたこともある。だが、今まで種々の理論や学説をまとめて学ぶ機会がなかった。この本ではさまざまな理論が、非常によく体系的に整理されて説明されている。知識の整理、特に各理論の関係性の把握に役立ったし、今後もときどき参照することになるだろうと思った。

このように体系的に説明されると、今まで自分が考えていたことはすでに先人が考えており、それも非常に深いレベルで考えていたことがわかった。つまり、私がいろいろと考えを巡らせても、それは結局車輪を再発明しようとしていただけだったという思いを強くしたのだ。ただし、車輪の再発明は決して悪いことではない。結論を得るまでに自分で考えて自分なりの答えを得ておくことはとても重要だ。そうしておくことで、結果に対する理解も深まるし、なにより結果を与えてくれた先人の業績に対する敬意が生まれる。

今まで哲学や倫理を体系的に学んだことがないと書いたが、私は学生時代に哲学を選択しなかった。法学や経済学は選択したが、哲学にはなんとなく抵抗感があったのだ。理由は自分でもわからない。古典ギリシア語やラテン語を学ぼうと思ったことがあるのだから、まったく関心がなかったわけでも拒絶していたわけでもない。2000年も前の人が考えたことを今さら学んでもしかたないと思ったのかもしれない。

しかし今ではこの2000年の間、人類はほとんど知的に進歩していなかったことがよくわかる。科学技術は確かに進歩し、現代はほんの数百年とまったく別の世界になっている。だがそこに暮らす人類は、数千年前と同じ動物なのだと感じることが多い。

↑このページのトップヘ