阿部和也の人生のまとめブログ

私(阿部和也)がこれまで学んだとこ、考えたことなどをまとめていきます。読んだ本や記事をきっかけにしていることが多いのですが、読書日記ではありません。

著者はこの本で、各文明間で発達の形に差が生じ、最終的に征服・被征服の関係になった原因を探っている。だが、その原因が推測できたからといって、それが征服を正当化するものではないことをこの本の冒頭で述べ、読者の注意を喚起している。

もし、一つの民族がどのような経路をたどって他民族を支配するようになったかの説明ができたら、そのこと自体が、一民族による他民族の支配を正当化することにつながるのではないか。一つの民族による他民族の支配が不可避であったと結論づけ、今日の世界の状況を変革しようとするのは無駄な努力だと主張することになるのではないか—。この種の危惧は、原因の説明と、結果の正当化や是認とを混同する典型的な誤解にもとづいたものである。何かの経緯を解明することは、その結果得られた知識をどう役立てるかとはまったく別の問題である。(上29ページ「プロローグ」)

著者は、当然のことながら、「産業化された社会が狩猟採取の社会よりも優れているとは考えていない(上31ページ)」。さらに彼は、「平均的に見て彼ら[ニューギニア人]のほうが西洋人よりも知的であると感じた(上35ページ)」という。

周囲の物事や人びとに対する関心も、それを表現する能力においても、ニューギニア人のほうが上であると思った。(上35ページ「プロローグ」)

彼は、ニューギニア人のほうが知的である理由として、2つの可能性を挙げている。ひとつはニューギニア人の社会の死因が「昔から殺人であったり、しょっちゅう起こる部族間の衝突であったり、事故や飢えであった」ことだ。

こうした社会では、頭のいい人間のほうが頭のよくない人間よりも、それらの死因から逃れやすかったといえる。(上36ページ「プロローグ」)

それに対し、ヨーロッパ社会の死因は疫病であり、「疫病で死ぬかどうかの決め手は、頭のよさではなく、疫病に対する抵抗力を遺伝的に持っているかどうか(上36ページ)」だった。ニューギニアでは頭のよい人が選択され、ヨーロッパでは疫病に強い人が選択された。その結果、2つの世界の人間が出会った際には、疫病が伝搬されるために頭のよいほうが疫病に強いほうに征服されてしまう。皮肉なものだ。

2つ目の理由は、欧米の子どもたちが受動的に時間を過ごしていることだ。

アメリカの標準的な家庭では、子供たちが一日の大半をテレビや映画を見たりラジオを聞いたりして過ごしている。テレビは、平均して1日7時間はつけっぱなしである。これに対して、ニューギニアの子供たちは、受動的な娯楽で楽しむぜいたくにはほとんど恵まれていない。たいていの場合、彼らは他の子供たちや大人と会話したり遊んだりして、積極的に時間を過ごしている。子供の知性の発達を研究する人びとは、かならずといっていいほど刺激的な活動の大切さを指摘する。子供時代に刺激的な活動が不足すると、知的発達の阻害が避けられないとも指摘している。(上37ページ「プロローグ」)

この議論は集団の平均についての議論であるから、そのまま個々人に当てはめることはできない。ずっとアニメを見ているのに賢い子もいれば、そうでない子もいる。だが、社会全体を見渡すと、著者が指摘したようなことが言えるのだ。現在は幼児にスマートフォンを持たせることの弊害が心配されている。どのような弊害があるのかないのか、私も重大な関心を持っている。だが、私の年齢を考えれば、彼らが成人し中年になるところを見られない。残念なことだ。

アメリカ大陸に大型動物がいなかった理由は、まだはっきりとはわかっていない。

もともとアメリカ大陸は、オーストラリア・ニューギニアと同じように大型動物に満ちていた。1万5000年ほど前のアメリカ西部には、ゾウ、馬、ライオン、チータ、さらにはラクダや地上性オオナマケモノなどといった珍しい動物までもが群れをなして棲んでいた。しかし、オーストラリア・ニューギニアと同じように、アメリカ大陸でもこれらの動物はほとんど絶滅してしまった。しかしこの絶滅は、オーストラリアでは3万年前に起こり、アメリカ大陸では1万7000年前から1万2000年前のあいだに起こっている。大量に出土している獣骨がいつごろのものかが正確に測定されているアメリカ大陸の動物については、絶滅年代を紀元前1万1000年頃[引用者注:現在西暦2020年なので、今から1万3000年前]と特定できる。(上82ページから83ページ)

この時期は、クローヴィス遺跡を残した狩猟民たちがグランドキャニオンにやってきた時期と一致するという。「肋骨のあいだにクローヴィス型投げ槍用尖頭器が刺さったマンモスの骨がたくさん見つかっている(上83ページ)」ことから、著者はこれらの大型動物は人間が絶滅させてしまったのだろうと推測している。ただし「これに対しては、最終氷河期末期の紀元前1万1000年頃に気候の大変動があり、それによって大型動物が死に絶えた、とする反論もある(同ページ)」そうだ。

上の引用でも触れていたが、オーストラリア・ニューギニア(更新世時代は海面が今より低く、この2つは陸続きだった)にも固有の大型動物(メガファウナと呼ばれる)が棲んでいたことがわかっている。ところがこの大陸に人類が移ってきた後にこれらの動物は絶滅している。

化石や石器などから、4万年前には彼ら[人類]がすでにオーストラリア南西端に到達しており、3万5000年前までにはオーストラリアの南東端とタスマニアに到達していたこともわかっている[中略]。そして3万年前までには、ニューギニア高地に到達したことがわかっている。(下165ページから166ページ)

そして、この大陸では「数万年にわたって驚くべき数の動物の骨が堆積した遺跡がいくつも発掘され、調査されているものの」、それは3万5000年前で途切れている。つまりその時点以降「オーストラリア・ニューギニアに大型動物メガファウナが存在していた痕跡はまったく残っていない(上74ページ)」。著者は、これも人間が狩り尽くしたのだろうと推測している。

先史時代に人類が住みはじめた島々を研究すると、どの島においても人類の登場につづいて動物種が絶滅している。(上75ページ)

古代人を弁護すべき点がないでもない。彼らはには肉を保存する技術が乏しかっただろう。大型動物を仕留めても、何日もそれを食べ続けることはできず、腐らせてしまい、また新たに獲物を仕留めねばならなかったのではないだろうか。干し肉は作れたかもしれないが、燻製などは作れなかったかもしれない。また周囲に獲物がたくさんいれば、美味しい部分だけ食べて後は捨てていたことも考えられる。現代人から見れば乱獲に思えるようなことも、止むを得ない部分があったのではないかと推測する。

だが、いずれにせよ、人間が動植物を絶滅させ続けていることは間違いない。この世界はそのようにできているのだとも言えるが、人間が罪深い存在であるようにも思えてならない。

家畜は、社会の発展に大きく影響している。特に馬と牛は、食料となり、骨や皮が生活の中で大きな役割を果たすばかりでなく、運搬や農耕などの労働力としても重要である。また馬は軍事力としても重要だった。そしてそのどちらもがユーラシア大陸原産である。

さらに著者は、家畜の「効能」として、病原菌の人への伝播を挙げる。

征服戦争において馬と同じく重要だったのは、家畜から人間にうつった病原菌の果たした役割である。天然痘、麻疹(はしか)、インフルエンザなどの伝染病は、人間だけが罹患する病原菌によって引き起こされるが、これらの病原菌は動物に感染した病原菌の突然変異種である。家畜を持った人びとは、新しく生まれた病原菌の最初の犠牲者となったものの、時間の経過とともに、これらの病原菌に対する抵抗力をしだいに身につけていった。すでに免疫を有する人びとが、それらの病原菌にまったくさらされたことのなかった人びとと接触したとき、疫病が大流行し、ひどいときには後者の99パーセントが死亡している。(上161ページから162ページ)

著者は、「第二次世界大戦までは、負傷して死亡する兵士よりも、戦場でかかった病気で死亡する兵士のほうが多かった」とし、「過去の戦争において勝利できたのは、たちの悪い病原菌に対して免疫を持っていて、免疫のない相手側にその病気をうつすことができた側である」と結論している(上361ページ)。この本に挙げられている、特にアメリカ大陸においてヨーロッパ人が持ち込んだ疫病の蔓延の様子はすさまじい。アメリカ大陸の住民たちにとって、ヨーロッパ人はまさに悪魔の使いだっただろう。

著者は病原菌についても、進化の側から論じている。野生動物の病原菌は進化して人間に感染するようにもなったのだ。進化のきっかけは家畜化で、家畜化され人間と接することが多くなったので、病原菌は身近に数多くいる人間を宿主とするように進化した。著者はこれを第11章で要領よく説明している。

少し前にはヒト免疫不全ウイルス(HIV、エイズウィルス)が動物から人間に宿主を変えた。その後もSARS(2002年)、新型インフルエンザ(2009年)、MERS(2012年)と新しいウィルス感染症が登場しており、もちろん最後は現在蔓延中のSARS-CoV-2(疾患名はCOVID-19)である。ただし、これらはウィルス性疾患で、ウィルスは厳密に言えば菌ではない。今後も病原体の進化により、人間は新しい病気に悩ませられ続けるのだろう。

H・G・ウェルズは『宇宙戦争』(1898年)で、地球を侵略した火星人が地球の病原体によって死滅するという結末を書いた。彼はこの結末をどのようにして着想したのだろうか。

白人は、「好戦的」なアメリカ先住民に、天然痘の患者が使っていた毛布を贈って殺すということもしている。(上365ページから366ページ)

このような記録を読んで着想したのだろうか。

↑このページのトップヘ