阿部和也の人生のまとめブログ

私(阿部和也)がこれまで学んだとこ、考えたことなどをまとめていきます。読んだ本や記事をきっかけにしていることが多いのですが、読書日記ではありません。

村田久行:編著『記述現象学を学ぶ — 体験の意味を解明する 質的研究方法論』(川島書店)を読了した。表紙に「現象学看護」との記載があるように、看護をテーマとした本だ。村田は元ノートルダム女子大学教授で、対人援助論、スピリチュアルケアなどを専門領域とする哲学者である。現在はNPO法人対人援助・スピリチュアルケア研究会を主宰している。

この本の根底にある考え方は、フッサールの『百科草稿』からの引用で示されている。

われわれが対象と直接関係を持つのは(経験、思惟、意欲、価値づけなどの)諸体験においてであるが、われわれはそれらすべての諸体験に視線を転じて、体験そのものを対象とすることができる。そうした場合に明らかになるのは、われわれが何らかの関係をもつものはすべて、さまざまな体験の仕方の中でのみ、自らわれわれに顕現するということである。それゆえそれらの体験は現象と呼ばれるのである。体験に視線を転じて、体験を純粋に体験そのものとして経験し規定すること、これが現象学的見方である。(10ページ、他多数)

この本は4人の看護師が分担執筆した症例検討が大きな部分を占めるが、各人がこの文に対する考察を寄せている。そこでは、この文が難しいという意見が多かったが、それは訳文のせいではないかと考えてしまう。ドイツ語は抽象名詞や複合名詞が多い。また再帰代名詞という特殊な代名詞がある。そのため、それをそのまま日本語に訳すと難しい日本語になってしまう。上の訳文でも「自らわれわれに顕現する」という部分は、「見えてくる」程度のごく普通の言葉なのではないのだろうか。翻訳文を読むとき、私たちは翻訳者の解釈を読まされている。翻訳者の解釈が整理されていないと、私たちはその整理されていない思考を読まされるのだ。

「体験」を考えるとき、私たちは体験の内容や体験の対象といったものを考えることが多い。たとえば悲しい体験をしたとき、私たちはその悲しさや悲しさを与えたものに考えを向ける。しかし、私たちの「体験」は、けっして単に外から与えられたものではなく、私たちの内部の意識と外部の環境との相互作用の中で生まれたものなのだ。したがって、「体験」そのものを詳細に分析すると、私たちの考え、心のあり方といったものが明らかになり、そのときに初めて、その「体験」を与えた「私たちの外にあるもの」の意味や私たちとの関わりが見えてくる。体験する主体の分析なしに体験を与えるものだけを分析しても、本当の分析にはならない。おそらくフッサールが言いたいのはそのようなことだろう。

(承前)
この章ではさらに金銭的動機、中絶目的、離婚調停を有利に運ぶためその他、何らかの目的があって虚偽告訴をする例が挙げらている。男と寝たことが周囲に知られ、恥ずかしかったのでレイプされたことにしたと言う話まである。読んでいると胃が痛くなるような話だ。だが彼は、そういった話は一部のものに過ぎないとも述べている。

私たちはしばしば、女性はセクシュアルハラスメントの訴訟やデートレイプの告発をためらっていると聞く。なぜなら信じてもらえないかもしれないし、彼女の人生が侵害され、身元も知られてしまうなどの理由があるから。それは正しいほとんどの女性にとって。しかし一部の虚偽の告発をする女性にとってそれは正しくない。そして男性の視点から見れば、その一部の女性をデートに連れて行くだけでも地雷を踏むようなものだ — 踏めば一生をかける裁判を拒否できない。デートすることが男性にとって地雷になると、男女両性が孤独に苦しむことになる。(339ページ、原文の句読点を修正。太字は原文では傍点)

ではどうすれば良いのか。彼は次のように述べる。

もし私たちがデートレイプの法律を持ち続けるなら、私たちは可能であればいつでもDNA鑑定と嘘発見器を使わなくてはならない。彼女らは中立者に監視され、疑わしいとき再検査されなければならない。(353ページ、原文のまま)

彼が言いたいのは、男性を疑うなら同様に女性も疑えということだろう。米国ではたしかにそれが良いのかもしれない。ただし彼が究極的に望んでいるのは、両性が同じように職業に就き、経済的に自立し、両性が対等な立場で交際する社会だ。そのような社会ではおそらく避妊法が普及し、中絶も必要に応じて可能となっているだろう。そのような社会になれば、訴えられるのは本物のレイプだけになるかもしれない。

だがそれは米国の話であって、日本の現状は大きく異なる。伊藤詩織が警察での取り調べについて書いているが、男性警察官を相手にレイプの様子を説明したり、人形を相手に様子を再現させられたりするという。公正さを担保するためかもしれないが、あまりに人の尊厳を無視した対応だと思う。かならず女性警察官に担当させるなどの処置が必要だろう。また、あれだけ証拠があっても起訴にならない制度にも大きな問題があると思う。

この本を読んで感じたのは、米国での「男性権力」と日本の「男性権力」は質が違うということだ。国のたどってきた歴史が違うのだから当然のことなのだろうが、日本で暮らす私にとって、この本は「外国についての知識を得る」以上の価値は小さかった。

(承前)
ここで挙げられている事例はあくまでも極端なものなのだと思うが、それにしても日本では考えられないような理由で米国女性は男性をレイプで訴える。

たとえば「ノースカロライナ州に住む13歳の少女」は「17歳のボーイフレンドの気を引くために」ある男性をレイプで訴えた。その男性は36日間を留置場で過ごし、その間に失職し、借金を抱えた。

彼が街へ行くたび、人々から指さされ、「児童性的虐待者」や「強姦魔」と呼ばれた。ショッピングモールで誰かに唾を吐きかけられたこともあった。借金があったが家族は引っ越さざるをえなくなった。2年経っても支払いはまだ彼を苦しめていた。保釈金、裁判費用、滞納した家賃など、まだ1万5000ドルの負債が残っていた。(330ページ、原文を適宜修正)

事件が報道されても、それが冤罪だったからといって取り消しの報道が同規模でされることはない。一度間違った報道がされてしまうと、取り返しのつかないことになりやすい。

ある男性は、ガールフレンドを怒らせてしまい、虚偽の訴えを起こされて13ヶ月間刑務所に入ったという(334ページ)。ちなみに嘘をついた女性への刑罰は地域奉仕活動だったという。

ある海兵隊員は、同僚の女性とセックスした数週間後、レイプで訴えられた。

僕は局長室に呼び出され、刑務所に行かされることを聞かされた。罪状について何の説明もなかった。ただ「君が何をしようともそれは刑期を長くさせるだけだ」と言われた。(336ページ)

彼が訴えられたのは、女性が無断外出をしていたのをごまかすためだった。外出の目的は薬物検査を逃れるためで、「彼女は既に前回の薬物検査に引っかかっていて、二度目の罪状で懲戒除隊になる可能性があるのを知っていた(336ページ、原文のまま)」からだ。

この本には「ワシントンポスト」が調査した「レイプの虚偽の告発をしたことを認めた女性たちの動機」が掲載されている。いちばん多いのが「悪意や復讐のため」と「罪や恥の感情を埋め合わせるため」で、どちらも20%を占める。3位は「妊娠したかもしれないと考えたため」で13%、4位は「浮気を隠すため」で12%となっている。彼は次のように述べる。

ひょっとしたら、最もありふれているのは、若い少女が家に帰るのが遅くなったり、一晩中帰らなかったり、または妊娠したことに対して両親へ言い訳する必要性かもしれない。(334ページ)

日本でも、痴漢の疑いをかけられその場で捕まえられてしまうと、無罪の証明が難しく、その後の社会的損失も非常に大きいことが報道されている。ラッシュ時の電車に乗るときは両手を上げてつり革につかまるという「自衛策」が推奨されていたりする。だが、そのような事案はあくまでも誤認であり、米国のような虚偽告発ではない。
(この項さらに続く)

↑このページのトップヘ